開ける境地

竹禅語に「百尺竿頭に一歩を進む」という言葉があります。

百尺の竿(さお)ということですから一尺は約30センチの百倍だと30メートルの竹竿ということになりますが、竹竿としてはおそらくそれほど長いものはないと思います。

要はそれほど長い長い竹竿という意味でしょうし、この長さは人生の長さでもあり試練でもあろうかと思います。

その長い竹竿の末端まで昇って行って、もう先がないというところから更に一歩足を踏み出せというのです。

当然そのまま歩を進めたら落ちるのですが、しかし、そのような覚悟と勇気をもって今の逆境から、試練から一歩踏み出しなさいと教えています。

すでに努力・工夫を尽くしたうえに、さらに尽力すること、また、十分にやったのだが、最後にもういちど死力を尽くしてみることで新たな気づき、発見、境地が拓けるものだということです。

私自身もこれまでの人生で何度も試練を乗り越えて今日に至っております。

思い煩うより行動してみて拓ける境地があります。

開き直って、新たな局面にジャンプする覚悟をもったときでなければ成せないことや、発見もあります。

それができたときに初めて新たな自分の力を知ることになります。

そして、苦しくても、より大きな目標に向かっての努力は自分を成長させてくれます。

夢中で今を過ごしていればいつかは分かる時が来ます。

※きょうも最後までお読みくださいまして感謝もうしあげます。何かしら参考になることが有りましたら下のバナーをポチッとクリックして頂ければ有り難く思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

観童 の紹介

観童 ★特定団体、宗教団体への所属なし(但し無神論者ではない) ★飲食 好き嫌いなし。和食系。 ★腹八分目がモットーお酒とタバコは体が受け付けない。 ★パソコン歴(俗に言う50の手習い)日々悪戦苦闘 ★経歴、前科なし。 ★サラリーマンから自営業を経て42歳で整体師となる。 ★観身堂を開院 現在24年目、感謝です。 ★期するものがあり奉仕活動としてメールでの純然たる無料カウンセリングをおこなっています。(業務上のカウンセリングやブログ上での相談が多忙のため即日返信はできませんのでご理解お願い致します。) 『生きることの諸問題』 『老いていくことの苦悩』 『病気をすることの苦しみ』 『死に際しての不安』 『家庭内のトラブル』 『対人関係』 『うつ病』 『パニック障害』 『摂食障害・過食症 拒食症』 『宗教被害』 『霊能者被害』 『霊障』 相談に応じています。 お問い合わせは kandou0822@yahoo.co.jp ※ご相談に際しては、お住まい地域、性別、年齢、氏名(ニックネーム可)は最低限お知らせください。
カテゴリー: スピリチュアル・心の健康, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です